こんにちは、スタッフの富田です。

野球関連のお話の時だけ出てきます。

2016年野球観戦

4/6に、ナゴヤドームで行われた、中日ドラゴンズVS横浜DeNAベイスターズの第二回戦に行ってきました。

今年もドラゴンズのドームビジョンを一部制作しましたので、社内スタッフ3名と、外部の協力してくださった方と計4人です。

ちょっと試合開始時間に間に合わなかったので、プレイボール時に流れる映像は見れませんでしたが、

チャージと、スローガン映像は観れました。

改めてドームで観ると、なんだか不思議な感じですね。

 

チャージの映像は、今回はレイアウト担当、アニメーション担当、コンポジット担当で分かれて作業したものなので、

私はライティングからコンポジットまでの好きなところをやっていたので、楽しくできました。

綺麗なアニメーションがついたモデルを、綺麗に仕上げるのはいいですね、生き生きします。

 

という、真面目なお仕事話はこの辺にしておきたいと思います。

ええ、ドラゴンズファンですので。

 

正直なところ、勝てるかどうかは開幕からの流れからすると、非常に厳しいと思っていました。

しかし昨日は違いましたね。

野手では一番応援している選手の先制ホームランに、一回の裏だというのに、叫ぶことになりました。

ドームで久しぶりの絶叫です。

さらに、立ち上がりこそフォアボールでハラハラしたらしい先発投手が、回を追うごとにどんどん調子を上げて、最後はまさかの完投さらに完封でした!

去年はなかなか勝ちに恵まれませんでしたが、今季初登板そしてプロ初完封ということで、今後に期待ですね!

私の一番応援している投手にも、ぜひそんな投球を見せていただきたいものです。

 

今度はユニフォームとタオルと応援バットを装備してから応援に行こうと思います!

あ、プレイボールを観たら、そちらの感想もお伝えしますね。

 

< 野球で叫ぶCGスタジオ:株式会社ルース